ミヨシ医院【大分県別府市の内科・リウマチ科・膠原病科・泌尿器科・皮膚科・アレルギー科・健康診断・生活習慣病健診・特定健診・がん検診】

別府市の内科・リウマチ科・膠原病科・泌尿器科・皮膚科・アレルギー科・健康診断・生活習慣病健診・特定健診・がん検診
別府市の内科・リウマチ科・膠原病科・泌尿器科・皮膚科・アレルギー科健康診断・生活習慣病健診・特定健診・がん検診
別府市の内科・リウマチ科・膠原病科・泌尿器科・皮膚科・アレルギー科健康診断・生活習慣病健診・特定健診・がん検診
  • HOME > 泌尿器についてのQ&A
よくある質問

泌尿器についてのQ&A


Q1.泌尿器科に受診するのが恥ずかしいのですが・・・。

A1.病気によって、検査内容は異なりますが、問診と尿検査が基本です。いきなり下半身の診察を行なったり、膀胱内視鏡検査を行なうことはありません。
検査もなるべく苦痛の少ない、超音波検査などから進めていきます。
男性の前立腺疾患では、血液検査で腫瘍マーカー(PSA)を調べることで、早期の癌を見つけることができますし、病状の把握も、問診や排尿の勢いを調べる簡単な検査が可能です。こわがらずに泌尿器科を受診してください。


Q2.最近、急に尿がもれそうになったり、咳や大笑いで少し漏れることがあるのですが・・。

A2.尿漏れ(尿失禁)は咳をしたときや、重いものを持ったときに漏れるタイプ(腹圧性)とトイレまで間に合わずに漏れるタイプ(切迫性)、両者がまじったタイプ(混合性)と膀胱がいっぱいであふれ出す(溢流性)にわかれます。それぞれのタイプにより治療法がことなります。ぜひお気軽にご相談ください。


Q3.血尿が出るのですがどうすれば良いですか?

A3.ご存知の通り、尿に血液が混じった状態を血尿といいます。
血尿には目で見てわかる肉眼的血尿と、顕微鏡でわかる顕微鏡的血尿があります。検診などで指摘されるのは後者の顕微鏡的血尿が多いです。
血尿には、腎炎、尿路結石、癌(腎癌、膀胱癌、前立腺癌など)、前立腺肥大症などの鑑別が必要なため専門医を受診されることをお奨めします。
特に高齢者の方の場合は、痛みなどの症状を伴わない無症候性の肉眼的血尿は癌の可能性も含まれていますので、放置せずにぜひお気軽にご相談ください。


Q4.排尿時に痛みがあるのですが、病気でしょうか?

A4.排尿時に痛みを伴うものとしては、特に女性に多い頻尿を伴う膀胱炎や、若い男性に多いペニスより膿がでる尿道炎(性病)、高齢者の膀胱癌、膀胱結石などの鑑別が必要になります。放置せずにぜひお気軽にご相談ください。


Q5.前立腺癌(ぜんりつせんがん)とはどんな病気ですか?

A5.「前立腺がん」は悪性の癌ですので、癌細胞の悪性度、病期(癌の広がり具合、ステージ)などにより、予後が異なります。しかし、前立腺癌が他の固形癌と違う特徴としては、下記のような特徴があります。
1. 進行がゆっくりである。
2. 典型的な高齢者の癌である。
3. 治療の必要のない潜在癌が存在する。
癌側の情報を的確に判断することにより、無治療観察もひとつの選択になる事があります。そのため、患者様側の情報、癌側の情報を的確に分析できる専門医と治療法については十分に相談してください。


Q6.最近、トイレが近いことが気になり、内科を受診した際に「過活動膀胱」ではないかといわれました。これはどんな病気なのですか?

A6.過活動膀胱とは尿意切迫感を伴う、頻尿、尿失禁などの症状のことを指します。尿意切迫感とは、急に起こる抑えられない強い尿意のことで、この症状がみられない場合は過活動膀胱とはいいません。前立腺肥大症、バイ菌による感染症、膀胱がん、糖尿病や脳梗塞に伴う神経性のものなど、トイレが近い原因は様々な病気により、診断結果は多岐に渡りますので、まずは専門医の受診をおすすめします。


Q7.先日、起床後に薄い血尿(茶色い尿)が出ました。気になったので内科でエコー検査をしてもらいましたが、診断結果では「異常なし」でした。専門医で見てもらったほうが良いのでしょうか?

A7.内科で異常が無いと言われても、早期治療を要する病態の場合もあります。このケースの場合は「尿路上皮癌」という泌尿器科の癌の可能性も疑われますので、早期に泌尿器科専門医を受診されることをお奨めします。


このページの最上部へ戻る